60代の母は還暦をきっかけに、高い美容クリームの「ドモホルンリンクル」に変えました

 

 

20代後半の女で、先日還暦を迎えた年代の母親のがいます。母は、60代を機に、美容品の変更を始めました。今は、特に美容クリニックに通うわけでもないのに、20代の自分より綺麗で透き通った肌を持っている母の肌の質が羨ましくて仕方がありません。

 

母は、50代後半の頃からドモホルンリンクルというブランド名の美容クリームで「クリーム20」を使い始めました。

 

そのクリームは、30gで13000円くらいのものです。もともと母の肌には目の下に、両目2本ずつくっきりとしたシワがありました。

 

40代からずっとそのことについて悩んでいたみたいなのですが、合う化粧品にはなかなか出会うことができなかったみたいです。

 

40代では、1000円以下の安価な化粧品ばかり使っていました。そこまで裕福な家庭でもなかったので、子育てに一生懸命な主婦にとって、節約するものとして自分の美容品や化粧品が一番に捨てるべきものだったのでしょう。

母の肌は「ドモホルンリンクル」の美容クリームを使ってから昔より綺麗になりました

 

しかし、子育てもひと段落氏、逆に子どもから仕送りが送られるようになった母には財布に少しのゆとりができ、高いモノに挑戦しようという気になったみたいです。

 

肌はどう変わったかというと、ドモホルンリンクルに変えたその頃から、目元のシワが改善され、目がすっきりとパッチリするようになりました。

 

また、ハリがあって透明感のある肌へと変化しました。すっぴんでも、化粧をしていても、肌は同じように綺麗なので、母は殆ど化粧をすることが無くなりました。

 

私はそのことを聞き、おでこの横シワに悩んでいたので同じようにそのクリームを使用するようになったのですが、全く改善されませんでした。

 

おそらく、親子であっても、肌の性質やシワの原因によって合う合わないがあるのだろうなぁと思いました。

 

母の肌は、60代になってからの方が綺麗になり、母親の年代の他の方より若く見えます。
 
その美容クリームで小シワを改善したことで、くすんでいるようにも見えなくなりましたが、化粧をしなくなったということも、おそらくその結果を出した要因でしょう。

 

綺麗な肌になり、娘の私もとても嬉しい反面、羨ましくも思います。

女性は何歳になっても綺麗でいたい

母親の年代になったとしても、おそらく女性というものはいつまでも綺麗でありたいと思っていると思います。

 

なので、母には、60歳より若い姿で人から見られることで、ずっと自分に自信を持っていてほしいと思います。





関連ページ

70代の母は、もう10年以上も「ドモホルンリンクル」を使っています
70代の母は、還暦を過ぎたあたりから「ドモホルンリンクル」を使っています。やはりいつまでも綺麗でいたいようです。ドモホルンリンクルを使う前もお肌は綺麗でしたが、使ってからのほうがもっと綺麗になりました。40代の娘の私も真似して「クリーム20」だけ使っています。
60代の疲れた顔に見える母が使ったのは「ドモホルンリンクル」
60代の母は年代とともに肌の艶もなくなりたるみも目立つようになり、その上孫も産まれたのでおばあちゃん見たいなはだになってしまいました。そこで「ドモホルンリンクル」を使ったら、あっというまに肌の艶がよみがえり綺麗になりました。