60代の母は妹に老けたと言われて急いでアイクリームを買いに行きました

私は60代の母を持つ20代後半の娘です。母親の年代の目元の悩みはシワやたるみが多いと聞きました。

 

母が使用しているアイクリームはカネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレートという商品です。

20gで約8000円ほどとのこと。使い始めたのは3年程前で、きっかけは叔母(母の妹)からの「お姉ちゃん、だいぶ歳とったね」という一言。

 

ハッとして、「特にどの辺が?」と聞き返すと、目元のたるみとシワが気になると言われたとのこと。おそらく相当ショックだったのでしょう、その日のうちにスーパーにあるカネボウのカウンターで美容部員さんに相談したそうです。

 

 

化粧水や乳液がカネボウのDEWを使っているということや、母くらいの年代の方がこの商品を使用しているということを聞き、こちらのアイクリームに決めたそうです。

60代の母は、年を取ってから頬がこけてまぶたが窪み始めた

 

母は華奢な体型ということもあり、頬もよく言えばほっそり、悪く言うとこけてしまっているように見えます。

 

目元はまぶたが薄く、垂れてきていました。本人も顔全体的にふっくらとした印象に憧れているようでした。

 

アイクリーム購入後は、毎日米粒2粒くらいの量をまぶたと目じりに塗り込んでいました。現在は、アイクリームを使い始めて3年ですが、以前よりも少しハリがでたように感じます。
 
たるみが全くないとはいきませんが、まぶたの上の小ジワが薄くなり、たるみがほんの少し改善されたかなと。また、目じりの深いシワに関しては正直あまり効果がでていないように感じます。

 

そもそもシワに効果的だと謳っているようなアイクリームなのかも不明です。

試しに娘の私もアイクリームを使ってみました

せっかくなので、以前私がそのアイクリームを数日使用した感想も併せて記載させて頂きます。

 

私は実家に泊まった3日ほどしか使用していないので、テクスチャーと匂いについてだけお伝えします。

 

まず、使い心地ですが、思ったよりもサラッとしている印象です。しかし、まぶたにつけるとしっとりとしており、保湿力が高いと感じました。夜寝る前に使用していましたが、私は朝起きた時も目元はしっとりとしていました。

 

ベタベタ感などは感じませんでした。匂いもあまりなかったので、「すごく苦手」と感じる方は少ないと思います。





関連ページ

スキンケアを頑張っている60代の母のアイクリームは「B.A ザ アイクリーム」
60代の母は高いですが、ポーラの「B.A ザ アイクリーム」を使っています。これが高いのですがかなり優秀で、目元のくすみがなくなり顔が明るくなり、目じりのしわも薄くなり、たるみで小さくなった目も50代のころのような大きな目元になりました。アイクリーム、本当におすすめです。
急に老けた60代の母のアイクリームは「アイキララ」
60代の母はスキンケアには気を遣っていましたが、アイケアはしていませんでした。母の肌はくすんで目元は窪み、年より老けて見えます。そんな母に娘の私は「アイキララ」のアイクリームを勧めました。使ってからとても綺麗になりました。
60代の母のアイクリームは「クリニーク」
60代の私の母は、昔から美意識が高く、私も幼い時から外に出る時は必ず日焼け止めを付けさされました。そんな母が使っているのが「クリニーク」のアイクリームです。やっぱりつけると付けないとでは顔が違います。
敏感肌の60代の母のアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」
60代の母は、敏感肌です。母は目がとても大きくぱっちりしていましたが、たるみや小じわのせいで一回り小さく見えます。それで母が使い始めたアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」です。とてもゴージャスな容器でお値段もしますが、使い始めてからハリが戻り、5歳は若く見えるようになったので、やっぱりアイクリームって必要なんだなと感じています。
60代の母のお気に入りのアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはオルビスです。娘の私から見ても顔が本当に若くなりました。目元だけでこんなに顔が若く見えるのかと思うほどです。娘の私もアイクリームは必須だと思い使い始めました。
60代の母のアイクリームは「アンチサインズエッセンス」
60代の母が使っているアイクリームはオルビスの「アンチサインズエッセンス」です。もともと母は化粧品に興味がなく、プチプラのものを使っていたので、アイクリームとしては高くないのですが、娘の私がプレゼントしています。とても喜んでくれて、母にはいつまでも若々しく綺麗でいてほしです。
60代の母のアイクリームはプチプラな「なめらか本舗」
60代の母は化粧品に全く無頓着で、ヘチマ化粧水を塗るぐらいでした。だからアイクリームの存在すら知らなかったと思います。私が言って、やっと薬局でアイクリームを買ってきました。
60代の母はアイクリームを使う前はどんより暗かった
60代の母は、40代・50代のころは姑と同居しておりストレスなどから目元も性格もどんより暗くて心配していました。60代の今になってから色々試供品を試し、今ではアイクリームで目もtがつやつや、性格まで明るくなりました。
60代の母のアイクリームは娘の私と共有してます
60代の母と娘の私は一緒にオルビスのアイクリームを使っています。さらっとしていて使いやすいのですが、60代の母には物足りないかな?とも思いましたが合っているようです。しわが少し改善されたようで喜んでいます。
とってもお洒落な60代の母のアイクリームは「オバジ」
60代の母は昔からお洒落で自慢の母でした。年を取るのは仕方のないことですが、目元のたるみは母自身もとても悩んでいるようでした。そこで私も使っている「オバジ」のアイクリームをプレゼントしました。使ってからだんだんまぶたのはりやしわが改善されてきて、プレゼントして良かったなと思っています。
60代の母のアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはレチノール入りのオルビスのアイクリームです。テクスチャーはさらさらしていて敏感肌の母の肌にも合っているようです。そして使い始めて明らかにしわは減っているようでした。
70代の母のアイクリームは「ゲランのオーキデ アンぺリアル・ザ アイ&リップ」
70代の母のアイクリームは「ゲラン」ゲランと聞くと高価ですよね。娘のならもっと安価なアイクリームを選ぶと思いますが、敏感肌の母はゲランのアイクリームが合っているようです。
化粧品にお金をかけていない70代の母のアイクリームは「ドクターシーラボ エンリッチリフトアイEX」
70代の母は「ドクターシーラボエンリッチリフトアイEX」のアイクリームを使っています。 アイクリームは一度使うと止められません。使い続けると母のしわが本当に薄くなったんです。
ドラッグストアが苦手な70代の母のアイクリームは「ファンケル」
70代の母は、娘の私が家にいたころはビーグレンのアイクリームを使っていましたが、通販でしか購入できないため、今はファンケルのアイクリームを使っています。