化粧品に全く無頓着の60代の母はアイクリームも知らなかった

 

母は64歳ですが今でもレストランで調理のパートをしていて体力はあります。しかしスキンケアはかなり適当で、コスメを自分で買うようになったのはこの2年くらいです。

 

犬とガーデニングが大好きで自分の肌よりも趣味に熱を注いでしまった結果・・・かなりのダメージ肌になってしまいました。

 

私の母親の年代の女性は高級ブランドのリッチなコスメでスキンケアをしている人が多いと思います。

 

しかし私の母はかなりズボラでスキンケアに興味がなく、最近まで洗顔後にはへちま化粧水をささっと使うくらいで済ますような人でした。

 

私がそろそろ保湿しないと!とかシワがある!とかシミになってる!と注意してやっと自分でも気が付くくらいでアイクリームなんて存在すら知っていたか怪しいです。

 

スキンケアブランド名もシャネルくらいしか知らないようで、一緒に住んでいたころは高価な化粧品を使う私のことをお金の無駄だとバカにしている様子でした。

 

母は油性肌だったようで50代くらいまではへちま化粧水オンリーでもそれなりに健康的に肌もきれいに見えていました。日焼け止めだけは毎日使っていたのでシミは少なく、特別な日には父にプレゼントしてもらったというたった1本しか持っていないシャネルの口紅をグリグリ塗りたくるところも私は好きでした。

化粧品に無知な60代の母もしぶしぶアイクリームを使っています

ただ、目元は40代くらいから私は老化を感じていました。もともと母の目元ははれぼったくてまぶたも目の下も膨らんでいました。

 

年齢とともに目の下のふくらみは垂れ下がり、まぶたのふくらみは窪んでいきました。
60歳になったころには目の下がかなりたるんで顔全体が垂れた印象になりました。
また、たるみのせいか目の粘膜のところの赤味が目立つようになり、母にアイケアを始めるようにすすめました。

 

父にもお婆さん扱いをされてやっとアイケアをする気になった母が買ってきたのは、なめらか本舗のリンクルアイクリームでした。

 

 

ドラッグストアの若い店員さんに聞いたところおすすめしてくれたそうです。

 

1000円以下のプチプラだったので効果があるのか心配に感じましたが、純な母に高いクリームを売りつけることはしないでくれてよかったです。

 

アイクリームを使い始めて肌はどう変わったかというと、たるみやくぼみが改善されたとまではいえませんが目元がつやっとして若い印象にはなりました。小じわが以前よりも目立たなくなり、小さいから持ち運びできると喜んでいました。

 

母にはシミも笑い飛ばすような元気な母親でいてほしいです。母親の肌はきれいだとは言えませんが、母からは大らかでハッピーなオーラが出ているのでアリだと思います。

 

おばちゃんの道を突き進むのではなく楽しいと思える範囲で肌の手入れもして、母親の年代らしい品をいつまでも持っていてほしいです。

関連ページ

スキンケアを頑張っている60代の母のアイクリームは「B.A ザ アイクリーム」
60代の母は高いですが、ポーラの「B.A ザ アイクリーム」を使っています。これが高いのですがかなり優秀で、目元のくすみがなくなり顔が明るくなり、目じりのしわも薄くなり、たるみで小さくなった目も50代のころのような大きな目元になりました。アイクリーム、本当におすすめです。
急に老けた60代の母のアイクリームは「アイキララ」
60代の母はスキンケアには気を遣っていましたが、アイケアはしていませんでした。母の肌はくすんで目元は窪み、年より老けて見えます。そんな母に娘の私は「アイキララ」のアイクリームを勧めました。使ってからとても綺麗になりました。
60代の母のアイクリームは「キラリエ」
60代の母は、父が亡くなってから見た目に気を遣うようになりました。でもはっきり言って目元は何もしていなくてたるみやくすみ、しわが凄い。そこで「キラリエ」というアイクリームを使ったら驚くほど綺麗になりました。
「ホメオバウ」のアイクリームを60代の母はずっと使っています
60代の母はホメオバウのアイクリームがお気に入りです。ツバメの巣やEFG配合でべとべとしないのにすぅーっと馴染んでしっとり。しわも改善され、目元の輝きも取り戻してきました。
60代の母のアイクリームは「クリニーク」
60代の私の母は、昔から美意識が高く、私も幼い時から外に出る時は必ず日焼け止めを付けさされました。そんな母が使っているのが「クリニーク」のアイクリームです。やっぱりつけると付けないとでは顔が違います。
敏感肌の60代の母のアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」
60代の母は、敏感肌です。母は目がとても大きくぱっちりしていましたが、たるみや小じわのせいで一回り小さく見えます。それで母が使い始めたアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」です。とてもゴージャスな容器でお値段もしますが、使い始めてからハリが戻り、5歳は若く見えるようになったので、やっぱりアイクリームって必要なんだなと感じています。
60代の母のアイクリームはカネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレート
60代の私の母は、妹から老けたと言われてショックのあまり慌ててアイクリームを買いに行きました。使っているアイクリームは、カネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレートです。使い続けて3年経ちますが、まぶたのしわが改善されたように思います。
60代の母のお気に入りのアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはオルビスです。娘の私から見ても顔が本当に若くなりました。目元だけでこんなに顔が若く見えるのかと思うほどです。娘の私もアイクリームは必須だと思い使い始めました。
60代の母のアイクリームは「アンチサインズエッセンス」
60代の母が使っているアイクリームはオルビスの「アンチサインズエッセンス」です。もともと母は化粧品に興味がなく、プチプラのものを使っていたので、アイクリームとしては高くないのですが、娘の私がプレゼントしています。とても喜んでくれて、母にはいつまでも若々しく綺麗でいてほしです。
60代の母は昔からアイクリームはポーラ
60代の母は、昔からアイクリームはポーラを使っていました。ポーラのブランドが大好きなようです。一般的には高価なアイクリームですが、効果もあるのでははにしてみればそんなに高くもないようです。
「ドゥ・ラメール」のアイクリームが60代の母のお気に入り
60代の母はとにかく美意識が高いです。そんな母は最初はランコムのアイクリームを使っていましたが効果を感じられず、ドゥ・ラメールのアイクリームを使っています。これが今までのアイクリームの中で一番良いそうです。
60代の母はアイクリームを使う前はどんより暗かった
60代の母は、40代・50代のころは姑と同居しておりストレスなどから目元も性格もどんより暗くて心配していました。60代の今になってから色々試供品を試し、今ではアイクリームで目もtがつやつや、性格まで明るくなりました。
60代の母のアイクリームは娘の私と共有してます
60代の母と娘の私は一緒にオルビスのアイクリームを使っています。さらっとしていて使いやすいのですが、60代の母には物足りないかな?とも思いましたが合っているようです。しわが少し改善されたようで喜んでいます。
とってもお洒落な60代の母のアイクリームは「オバジ」
60代の母は昔からお洒落で自慢の母でした。年を取るのは仕方のないことですが、目元のたるみは母自身もとても悩んでいるようでした。そこで私も使っている「オバジ」のアイクリームをプレゼントしました。使ってからだんだんまぶたのはりやしわが改善されてきて、プレゼントして良かったなと思っています。
60代の母のアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはレチノール入りのオルビスのアイクリームです。テクスチャーはさらさらしていて敏感肌の母の肌にも合っているようです。そして使い始めて明らかにしわは減っているようでした。
70代の母のアイクリームは「ドモホルンリンクル」
70代の母と叔母はそろってドモホルンリンクルをセット使いしてアイクリームとしても使っています。そのせいもあって目元のしわはほとんどなく、顔もつやつやです。ドモホルンリンクルを使ってからさらに若々しくなりました。
ドモホルンリンクルの「クリーム20」をアイクリームとして使ってます
ドモホルンリンクルのクリーム20を70代の母に娘の私がプレゼントしました。使い続けると目元がふっくらして目元のしわやくすみ、しわが目立たなくなってきました。目元の際ぎりぎりまで使えるのでアイクリームとしても人気が高い商品です。
70代の母のアイクリームは「ゲランのオーキデ アンぺリアル・ザ アイ&リップ」
70代の母のアイクリームは「ゲラン」ゲランと聞くと高価ですよね。娘のならもっと安価なアイクリームを選ぶと思いますが、敏感肌の母はゲランのアイクリームが合っているようです。
70代の母のアイクリームは「グレイスソフィーナ」
70代の母は、60代の時はアイクリームをつかっていませんでした。それが目尻のしわ、目の下のたるみなどいろいろな不満が出てきてアイクリームを使うようになりました。目元がふっくらして若々しくなり、アイクリームは手放せません。
化粧品にお金をかけていない70代の母のアイクリームは「ドクターシーラボ エンリッチリフトアイEX」
70代の母は「ドクターシーラボエンリッチリフトアイEX」のアイクリームを使っています。 アイクリームは一度使うと止められません。使い続けると母のしわが本当に薄くなったんです。
ドラッグストアが苦手な70代の母のアイクリームは「ファンケル」
70代の母は、娘の私が家にいたころはビーグレンのアイクリームを使っていましたが、通販でしか購入できないため、今はファンケルのアイクリームを使っています。
70代の母のアイクリームはプチプラな「グレイスワン」
母は、70歳になるまで本当にスキンケアをしたことがありませんでした。娘の私がいくら注意してもそれは変わりませんでした。それが眼鏡をかけてびっくりしたようです。しわやしみが丸わかり。それからアイクリームを使うようになり、効果が出てきて驚いたようです。今では自分から進んでお手入れしています。