「オルビス」のアイクリームを親子で使っています

 

 

68歳の母親を持つ、30代後半の娘です。母親は化粧品アイテムにはまあまあ熱心な女性で、スキンケアも毎日私以上にしっかりやっています。70近い年代の割には若く見られることが多く本人も若見えという言葉を嬉しく感じているようです。

 

母親は30代の頃から現在までアイクリームを愛用しています。以前に使っていたブランド名はもう忘れたと言っていましたが多分ポーラのエステへ通っていたのでポーラ製品のものだと思います。

 

現在愛用しているものは、オルビスのアイケアエッセンスで親子で共用しています。

もともと私が使っていたものですが、すごく肌馴染みが良い上に寝る前につけると翌朝の目元のハリが良かったので母親に勧めたところ母親も使うようになりました。

 

母親の年代的にはどうかな、もう少しこっくりしたテクスチャーのアイクリームのほうがぴったりなのではないかと思ったのですが母親曰く「とても良い感触、あまりべたべたしたのは苦手だからこれくらいのゆるさのものがちょうどいいわ」とのことで気に入ったようでした。

60代の母は、アイクリームを使ってから目元のちりめんじわが減ってきた

 

ちょうど1本使い切ったあと、これからも使うなら2本買うよ?と声をかけたところ「使い続けたい」とのこと。

 

肌はどう変わったか聞いたところ、ちりめんじわが減った気がする、ファンデーションをつけても目尻にたまる量が減ったと言っていました。
 
目元のちりめんじわが悩みの種だったようで、笑うとしわが増えるからあまり大きな笑顔を作りにくいのよねと言っていたのでそれなりに結構悩んでいたようです。

 

娘の私から見たら、母は60を超え70代に近づいても若々しくて自慢の母です。それでもそれなりに年齢を重ねて肌悩みが多くあるようです。

 

目元のちりめん皺は他人から見たら全然気にならないのだし、そんなしわを気にせずに大きく笑ってほしいなと思いました。

 

アイクリームのおかげで本人的にしわが減って満足して今までよりも笑ってくれるのならばこれからも自分がクリームを購入するときには母の分も一緒に購入してあげたいなと思いました。

 

母親の年代は70代前ですが、いつまでも若々しく笑顔のはつらつとした母親でいてほしいと切に願います。多少の加齢によるしみやしわ、白髪なども少しは気にしてケアしつつもそれだけに囚われずに前向きに生きている母親であってほしいです。





関連ページ

スキンケアを頑張っている60代の母のアイクリームは「B.A ザ アイクリーム」
60代の母は高いですが、ポーラの「B.A ザ アイクリーム」を使っています。これが高いのですがかなり優秀で、目元のくすみがなくなり顔が明るくなり、目じりのしわも薄くなり、たるみで小さくなった目も50代のころのような大きな目元になりました。アイクリーム、本当におすすめです。
急に老けた60代の母のアイクリームは「アイキララ」
60代の母はスキンケアには気を遣っていましたが、アイケアはしていませんでした。母の肌はくすんで目元は窪み、年より老けて見えます。そんな母に娘の私は「アイキララ」のアイクリームを勧めました。使ってからとても綺麗になりました。
60代の母のアイクリームは「クリニーク」
60代の私の母は、昔から美意識が高く、私も幼い時から外に出る時は必ず日焼け止めを付けさされました。そんな母が使っているのが「クリニーク」のアイクリームです。やっぱりつけると付けないとでは顔が違います。
敏感肌の60代の母のアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」
60代の母は、敏感肌です。母は目がとても大きくぱっちりしていましたが、たるみや小じわのせいで一回り小さく見えます。それで母が使い始めたアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」です。とてもゴージャスな容器でお値段もしますが、使い始めてからハリが戻り、5歳は若く見えるようになったので、やっぱりアイクリームって必要なんだなと感じています。
60代の母のアイクリームはカネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレート
60代の私の母は、妹から老けたと言われてショックのあまり慌ててアイクリームを買いに行きました。使っているアイクリームは、カネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレートです。使い続けて3年経ちますが、まぶたのしわが改善されたように思います。
60代の母のお気に入りのアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはオルビスです。娘の私から見ても顔が本当に若くなりました。目元だけでこんなに顔が若く見えるのかと思うほどです。娘の私もアイクリームは必須だと思い使い始めました。
60代の母のアイクリームは「アンチサインズエッセンス」
60代の母が使っているアイクリームはオルビスの「アンチサインズエッセンス」です。もともと母は化粧品に興味がなく、プチプラのものを使っていたので、アイクリームとしては高くないのですが、娘の私がプレゼントしています。とても喜んでくれて、母にはいつまでも若々しく綺麗でいてほしです。
60代の母のアイクリームはプチプラな「なめらか本舗」
60代の母は化粧品に全く無頓着で、ヘチマ化粧水を塗るぐらいでした。だからアイクリームの存在すら知らなかったと思います。私が言って、やっと薬局でアイクリームを買ってきました。
60代の母はアイクリームを使う前はどんより暗かった
60代の母は、40代・50代のころは姑と同居しておりストレスなどから目元も性格もどんより暗くて心配していました。60代の今になってから色々試供品を試し、今ではアイクリームで目もtがつやつや、性格まで明るくなりました。
とってもお洒落な60代の母のアイクリームは「オバジ」
60代の母は昔からお洒落で自慢の母でした。年を取るのは仕方のないことですが、目元のたるみは母自身もとても悩んでいるようでした。そこで私も使っている「オバジ」のアイクリームをプレゼントしました。使ってからだんだんまぶたのはりやしわが改善されてきて、プレゼントして良かったなと思っています。
60代の母のアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはレチノール入りのオルビスのアイクリームです。テクスチャーはさらさらしていて敏感肌の母の肌にも合っているようです。そして使い始めて明らかにしわは減っているようでした。
70代の母のアイクリームは「ゲランのオーキデ アンぺリアル・ザ アイ&リップ」
70代の母のアイクリームは「ゲラン」ゲランと聞くと高価ですよね。娘のならもっと安価なアイクリームを選ぶと思いますが、敏感肌の母はゲランのアイクリームが合っているようです。
化粧品にお金をかけていない70代の母のアイクリームは「ドクターシーラボ エンリッチリフトアイEX」
70代の母は「ドクターシーラボエンリッチリフトアイEX」のアイクリームを使っています。 アイクリームは一度使うと止められません。使い続けると母のしわが本当に薄くなったんです。
ドラッグストアが苦手な70代の母のアイクリームは「ファンケル」
70代の母は、娘の私が家にいたころはビーグレンのアイクリームを使っていましたが、通販でしか購入できないため、今はファンケルのアイクリームを使っています。