60代の母の目元は窪んで老けて見えるので娘の私が勧めたのがアイクリーム

 

 

私は、60代の母親を持つ、30代後半の主婦です。
母の外見ですが、やはり寄る年代には勝てず、年相応に、それなりに老けて見えるようになってきました。

 

全体的に年寄り特有のくすんだ顔色で、シワやくすみ、しみ、ハリの無さも目立つようになってきました。

 

母は、目もとだけなど、部分的なお手入れに関しては一切しておらず、それよりも、顔全体のくすみやハリの無さを気にしていて、顔全体のケアを熱心にしていました。

 

確かに、顔全体のお手入れも大切だとは思いますが、目もとの印象は、顔全体の印象に大きく関わっているように感じた私は、母にアイクリームを勧めてみることにしました。
それが、母がアイクリームを使用し始めたきっかけとなりました。

母自信も急に老けたことを気にしていました

 

 

まず、娘の私は、母を若い頃からずっと身近で見てきましたが、年齢を重ねるとともに、だんだんと年相応に老けていっているな、ということは感じていました。

 

けれど、特に60代を過ぎてからは、極端にその肌の加齢を感じるようになりました。

 

シワやくすみ、シミが目立つようになり、そして、全体的に皮膚が垂れ下がり、痩せたように見えるようになってきました。

 

目もとも、くぼんで、くすみや弾力の無さが目立つようになり、それが余計に全体の印象を暗く、老けさせて見えるようしています。

 

もしかすると、実年齢よりも老けて見えるような気もしている程です。
それは、年齢のせいもあるのでしょうが、その他の要因もあるように思います。

 

母は、それまで、子供3人を、仕事をしながら養ってくれました。
家事に育児に仕事に、とても忙しい人でした。

 

それが、60代を過ぎ、現在は、父とも離婚し、仕事を辞め、私達子供達も巣立ち、1人で家にこもりがちな生活をしています。

 

そんな、適度な刺激の無さも、極端に老け込んでしまった原因となっているのではないか、と感じています。

 

目もとの肌の状態ですが、母自身も、そのような、皮膚が痩せてしまってくぼんだように見える目もと、そのせいで皮膚の下層にある色素が透けて見え、くすみがちに見えてしまうこと、ハリがなく、目尻も垂れ下がってきてしまっていることを、気にしています。

医学誌にも掲載された「アイキララ」のアイクリームで60代の母は変わりました

そんな母の悩みを何とかしてあげたいと思い、私が勧めたアイクリームはブランド名、竃kの達人コーポレーションの「アイキララ」です。

 


目元のお悩みを根本から改善する話題のアイクリーム!『アイキララ』

 

 

このクリームにより肌はどう変わったでしょうか。とても綺麗になりました。

 

「アイキララ」は、モンドセレクション金賞を受賞していることや、医学誌に掲載されたことがある点、母親の年代にあうと口コミの評判の良さで、お勧めしました。

 

母は、今まで、自分のことよりも、私達子供達のことばかりを優先して何事もこなしてきました。

 

なので、時間のある今だからこそ、今度は自分のために、時間を費やしていってほしいと思っています。

 

実年齢よりも老けて見え、何かわくわくするような刺激を受ける機会も減って、家にこもりがちな生活などは変えて、母には、いつまでも若々しく、綺麗でいて欲しいですし、何よりも、キラキラとした充実した楽しい生活を送っていって欲しいと切に望んでいます。

 

そのためにも、アイクリームでのお手入れも、母親の年代に負けない自分であって自分のご褒美として、長く使い続けていって欲しいなと思います。

 

目元のお悩みを根本から改善する話題のアイクリーム!『アイキララ』

 





関連ページ

スキンケアを頑張っている60代の母のアイクリームは「B.A ザ アイクリーム」
60代の母は高いですが、ポーラの「B.A ザ アイクリーム」を使っています。これが高いのですがかなり優秀で、目元のくすみがなくなり顔が明るくなり、目じりのしわも薄くなり、たるみで小さくなった目も50代のころのような大きな目元になりました。アイクリーム、本当におすすめです。
60代の母のアイクリームは「クリニーク」
60代の私の母は、昔から美意識が高く、私も幼い時から外に出る時は必ず日焼け止めを付けさされました。そんな母が使っているのが「クリニーク」のアイクリームです。やっぱりつけると付けないとでは顔が違います。
敏感肌の60代の母のアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」
60代の母は、敏感肌です。母は目がとても大きくぱっちりしていましたが、たるみや小じわのせいで一回り小さく見えます。それで母が使い始めたアイクリームは「クレームコントゥールデジュー」です。とてもゴージャスな容器でお値段もしますが、使い始めてからハリが戻り、5歳は若く見えるようになったので、やっぱりアイクリームって必要なんだなと感じています。
60代の母のアイクリームはカネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレート
60代の私の母は、妹から老けたと言われてショックのあまり慌ててアイクリームを買いに行きました。使っているアイクリームは、カネボウのDEWスペリアのアイクリームコンセントレートです。使い続けて3年経ちますが、まぶたのしわが改善されたように思います。
60代の母のお気に入りのアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはオルビスです。娘の私から見ても顔が本当に若くなりました。目元だけでこんなに顔が若く見えるのかと思うほどです。娘の私もアイクリームは必須だと思い使い始めました。
60代の母のアイクリームは「アンチサインズエッセンス」
60代の母が使っているアイクリームはオルビスの「アンチサインズエッセンス」です。もともと母は化粧品に興味がなく、プチプラのものを使っていたので、アイクリームとしては高くないのですが、娘の私がプレゼントしています。とても喜んでくれて、母にはいつまでも若々しく綺麗でいてほしです。
60代の母のアイクリームはプチプラな「なめらか本舗」
60代の母は化粧品に全く無頓着で、ヘチマ化粧水を塗るぐらいでした。だからアイクリームの存在すら知らなかったと思います。私が言って、やっと薬局でアイクリームを買ってきました。
60代の母はアイクリームを使う前はどんより暗かった
60代の母は、40代・50代のころは姑と同居しておりストレスなどから目元も性格もどんより暗くて心配していました。60代の今になってから色々試供品を試し、今ではアイクリームで目もtがつやつや、性格まで明るくなりました。
60代の母のアイクリームは娘の私と共有してます
60代の母と娘の私は一緒にオルビスのアイクリームを使っています。さらっとしていて使いやすいのですが、60代の母には物足りないかな?とも思いましたが合っているようです。しわが少し改善されたようで喜んでいます。
とってもお洒落な60代の母のアイクリームは「オバジ」
60代の母は昔からお洒落で自慢の母でした。年を取るのは仕方のないことですが、目元のたるみは母自身もとても悩んでいるようでした。そこで私も使っている「オバジ」のアイクリームをプレゼントしました。使ってからだんだんまぶたのはりやしわが改善されてきて、プレゼントして良かったなと思っています。
60代の母のアイクリームは「オルビス」
60代の母のアイクリームはレチノール入りのオルビスのアイクリームです。テクスチャーはさらさらしていて敏感肌の母の肌にも合っているようです。そして使い始めて明らかにしわは減っているようでした。
70代の母のアイクリームは「ゲランのオーキデ アンぺリアル・ザ アイ&リップ」
70代の母のアイクリームは「ゲラン」ゲランと聞くと高価ですよね。娘のならもっと安価なアイクリームを選ぶと思いますが、敏感肌の母はゲランのアイクリームが合っているようです。
化粧品にお金をかけていない70代の母のアイクリームは「ドクターシーラボ エンリッチリフトアイEX」
70代の母は「ドクターシーラボエンリッチリフトアイEX」のアイクリームを使っています。 アイクリームは一度使うと止められません。使い続けると母のしわが本当に薄くなったんです。
ドラッグストアが苦手な70代の母のアイクリームは「ファンケル」
70代の母は、娘の私が家にいたころはビーグレンのアイクリームを使っていましたが、通販でしか購入できないため、今はファンケルのアイクリームを使っています。