60代・70代の年齢肌化粧品にローヤルゼリーはもってこい

 

年齢を重ねるごとに、水分・皮脂・ホルモンなどの美肌に必要な要素は全て減少していきます。
それに加えて、紫外線やストレス、生活習慣が、老化スピードを加速させます。

 

ストレスや紫外線が美肌の大敵なのは体内で活性酸素を作り出してしまうからです。
活性酸素は、外的刺激を受けた際、ダメージから体を守るために発生するものです。
防御のために必要な働きですが、その力が強すぎるため、健康な部分にまで酸化作用が及んでしまい、かえって傷つけてしまうのです。

 

だからエイジングケアをする場合には、抗酸化作用の働きがある成分を選ぶのがポイントです。
またシミができるのも、活性酸素の発生が原因なので、エイジングケアとシミやくすみ対策も同時にできるので、一石二鳥です。

 

抗酸化作用の働きがあり、しかも60代・70代の乾燥肌を潤すほどの高保湿を持つ成分としておすすめなのが、ローヤルゼリーです。

 

健康食品として有名なので名前は聞いたことがある人も多いと思います。
若い働き蜂が、女王蜂のためだけに合成して作る特別な物質のことです。
高級なハチミツと思われがちですが全く別物です。

ローヤルゼリーがべたつくという思い込みは間違い、60代・70代には嬉しい成分の宝庫

 

ローヤルゼリーが入っているなんてベタつきそう・・・と思われがちなのは、ハチミツのイメージがあるからかもしれませんが、化粧品に使う場合、きちんと抽出・精製を行っているので安心して下さいね。

 

このローヤルゼリーが美肌を目指す上でもとても良いのは、栄養豊富だからです。

 

まずは高い保湿力を持っていることです。

 

それはローヤルゼリーに含まれている豊富なアミノ酸にあります。

 

この複数種類のアミノ酸が、ハリの元であるコラーゲン、表皮にあって水分を抱え込むNMFの生成を促進してくれるのです。

 

NMFは表皮にあるので、スキンケアの影響をとても受けやすいので、積極的に働きかける成分を使うことが潤いアップのカギとなります。

 

またローヤルゼリーにはビタミンB類も含まれています。

 

ビタミンBは免疫力を上げる働きをするので、肌荒れに効果的とされていますが、その中で年齢肌に嬉しい成分はB2です。

 

ビタミンB2は代謝のビタミンとも言われ、細胞の再生を助けるので、ターンオーバーの活性化が期待できます。

 

最後にローヤルゼリーの品質を左右する特有成分デセン酸があります。

 

コラーゲン産出する働きがあるエストロゲンと似た働きをし、抗酸化作用に役立つ成分です。

 

年齢肌化粧品がたくさん出ているので、何を選べば良いか悩んでいる方。

 

今使っているスキンケア用品に実感力を伴わなかった方。

 

60代・70代にはローヤルゼリー配合化粧品、おすすめです!

 

▼▼▼ローヤルゼリーオールインワン▼▼▼

関連ページ

ローヤルゼリーが60代・70代におすすめな理由
ローヤルゼリーが60代・70代におすすめなわけ。それはローヤルゼリーにしか入っていない成分があるからなんです。その成分はエストロゲンによく似た働きをすることがわかっています。エストロゲンが減ってしまう60代・70代にローヤルゼリーはぴったりなんです。
60代・70代におすすめのローヤルゼリーはハチミツと何が違うの?
ローヤルゼリーとはちみつの違いってなんとなくは分かっていても説明はできないもの。ローヤルゼリーのほうがはちみつより栄養が豊富なのはなんとわかります。60代・70代にとってどう良いのでしょうか?
ローヤルゼリーは食べる時に注意が必要?スキンケアから取り入れよう
ローヤルゼリーは摂取しすぎると良くないと聞いたことはありませんか?私もなんとなく聞いたことがある気がするのですが、何が良くないのかは実際知りませんでした。でも摂取しすぎて悪いということは特にないみたいですよ。
ローヤルゼリーはべとつかない!
60代・70代はローヤルゼリーってべたつくんでしょ?べたつくのはちょっとという人もいるかもしれません。実はローヤルゼリーの化粧品は素材そのもののテクスチャーとはあまり関係ないんです。