60代の母の化粧下地やスキンケアは「HABA」

60代の母親を持つ30代前半です。
私は母が使っている化粧品類は良いと思う商品が多いです。実家に帰った時に試させてもらい、使い心地が良ければその後自分でも購入することもあります。

 

60代にしては若く見える母のことを年代を超えて参考にしています。
60代の母が毎日使用している化粧下地クリームはHABAのしっとりベースEXです。

 

 

HABAというブランド名は私も知りませんでしたが、母は基礎化粧品はHABAのものを使用しており、実家には数々の商品があります。

60代の母は、福袋に入っていた角がきっかけでHABAの下地クリームを使い始めました

 

年末に毎年福袋を購入しており、現在使用しているしっとりベースEXもその福袋に入っていたことがきっかけで使うようになったそうです。

 

下地やファンデーションは変えるのが面倒でずっと同じものを使い続けがちだそうですが、福袋のようなものに入っていると気軽に試すことができるので新たな発見に繋がるようです。

 

そのしっとりベースEXはSPF14、PA++なので日焼け止め効果もあります。日焼け止め効果としては強すぎないので年間を通して使用しているそうです。夏用や冬用と分かれていると使い分けが面倒なので、年中気にせず使えるのも良いようです。

 

その下地はチューブケースに入っており、出てくる穴は少し小さめですが、とても伸びが良く、1センチも出せば顔全体に塗ることができます。

 

母はスポンジを使って伸ばしており、塗ると肌がワントーン明るくなります。オークル系の色なので自然な仕上がりです。

HABAの化粧下地で目の周りのしみがかなりカバーできるようでです

母は目の周りにシミが多くありますが、下地だけでかなりカバーできていると思います。

 

下地のあとにはパウダーファンデーションを使用していますが、全体的に軽い仕上がりだと思います。60・70過ぎの母親の年代では、よく白塗りのように浮き出たメイクになってしまっている人もいますが、そのようにはならなさそうです。

 

毎日自転車でパートに出て行く母ですが、真夏でも顔が焼けたように感じたことはないので、ファンデーションと両使いをすれば日焼け防止の効果はそれなりにあるのだと思います。

 

私も実家に帰った時に母の下地を使用したことがあり、使い心地が良かった覚えがあります。その下地を使用した夜にメイクを落としても、肌がしっとりとしており、保湿効果もあるように感じました。

 

1回が少量で済むと考えるとコスパが良く、年代問わずに使いやすい商品だと思います。