60代・70代のお肌もしっとり。まるで美容クリームのような日焼け止めは「ポーラ」

 

肌を一番老化させるのは紫外線です。

 

紫外線を浴びることで過剰に活性酸素を作り出してしまうことで、肌が酸化してしまうからです。
またメラニンの生成によって、しみやそばかすの発生を招いてしまいます。

 

特に60代・70代のようなバリア機能が衰えているので、紫外線ダメージを受けやすくなっています。
だから日焼け止めは本当に大切です。

 

けれど、日焼け止め自体は、肌に良いものではありません。
肌負担の大きいものベスト3は、紫外線、日焼け止め、クレンジング料です。

 

一日の大半を塗った状態で過ごし、しかもメイクの初め、素肌に直接塗るものだから、日焼け止めには特段こだわっていくべきだと考えます。

 

 

日焼け止めは乾燥しやすくて肌がきしむ?

 

日焼け止めというと、肌が乾燥しやすい、きしむ、という人も多いと思います。
しかも、60代・70代の肌は乾燥しやすいので、余計に乾燥が進んでしまいます。

 

肌が乾燥すると、しわができたり、肌荒れを引き起こしてしまいます。しみを防ぐために日焼け止めを塗っているのに、違う肌トラブルを招いてしまったら、元も子もありません。

 

そこで最近では保湿力のある、しっとりとした質感の日焼け止めが増えてきました。
ただ注意していただきたいのは、クリーミーな質感=保湿力、ではないということです。

 

たとえばリップアイテムグロス。ぷっくり、とろり、みずみずしい仕上がりになりますが、透明グロスであっても、リップクリーム代わりになるかというと、そうではないですよね。

 

むしろ、グロスが取れてしまった後の唇は、しぼんでいたり、縦ジワが目立ったりします。
日焼け止めもテクスチャーがクリーム状だからと言って保湿力があるとは、一概に判断できません。

 

チェックするべきは、日焼け止めに入っている成分です。代60・70代は保湿成分や美容成分が入っている日焼け止めを選ぶことが大切です。
「B.Aプロテクター」は日本最高峰と言っても過言ではないポーラのエイジングケアシリーズB.Aの日焼け止めです。

 


【B.Aプロテクター】はこちら

「ポーラ」は何度も雑誌や賞を受賞してる実力派エイジング化粧品

 

B.Aシリーズは、美容雑誌などのベストコスメを累計164冠も受賞している実力派エイジングケアシリーズです。

 

 

日焼け止めのスペックとしてはSPF50、PA++++、紫外線・近紫外線カット成分を配合なので、真夏の炎天下の下でも平気なように作られています。

 

しかしそれだけでの高SPF、高PAだと肌負担も比例するのが一般的です。
しかしB.Aプロテクターは、B.Aシリーズ共通のポーラオリジナル保湿成分「ゴールデンLP」を配合しています。

ゴールデンLPとは希少性の高い金色の繭から独自開発のトリプル製法で抽出したポーラオリジナルの保湿成分です。
私も今までに一度もこの金色の繭を実際見たことがありません。

 

さらにジェルとクリームの良いところを兼ね備えたハイブリッドプロテクト処方によって、きしみを感じさせず、美容クリームを塗っているようなみずみずしさを実感できます。

 

 

手に取った時は濃密、するするとノビて、白浮きの心配はありません。さらに塗った後の肌はふっくらとなめらかです。
しかも下地クリームの機能もあるので、ファンデーションの前はこれ1本で済みます。
イランイラン、ブラックバニラ、ブラックペッパーの3つの天然香料による、ラグジュアリーなフローラルウッディな香りで日焼け止めであることを忘れさせてくれると評判です。

最先端の化粧下地・日焼け止めで60代・70代のお肌を守る!

最近のポーラ、勢いが凄いですよね。
ポーラシリーズって全体的にお値段高めだけど、それでも納得、使い心地最高で手放せないという方が多いんです。

 

口コミでも絶賛です。

 

 

 

価格はさすが最高峰ラインなだけあり、45gで11,880円(税込)と決して安くはありません。
しかし、肌負担が大きいアイテムこそ、上質の化粧品を選ぶべきです。

 

最先端の技術を使ってるからそれもうなづけます。
下地にも使えるし一年中通して使えるからおすすめです。

 

日焼け止めを塗っても、肌が疲れないという体験をB.Aプロテクターで体感してみてはいかがでしょうか。
ポーラデビューのアイテムとしてもおすすめです。

 

 

 

B.Aプロテクターがミニサイズで入ったお試しのベーシックセットもあります。

 

 

▼日焼け止めが入った最高峰B.Aのトライアルベーシックセットはこちら▼
【POLA】B.Aの5品ベーシックセット