いつもカサカサしている60代の母に私が勧めたのが「マナラホットクレンジングゲル」

 

私が母に勧めたクレンジングクリームは『ホットクレンジングゲル
ブランド名は『マナラ』です。

 


【maNara】ホットクレンジングゲル

 

 

母は昔から乾燥肌で、とにかくお風呂上りのカサカサした肌が気になると言っていました。
軽くですが普段化粧もしていたので、クレンジングをして、さらに洗顔をして。
確かにお風呂上りはいつも目で見てわかるほど、カサカサしていました。

娘の私がマナラの他の商品を使っているので、自信をもって60代の母にクレンジングゲルを勧めました

 

『マナラ』は普段私がシャンプーや化粧品を使っており、その効果は信用できるものでした。

 

クレンジングはアイメイクが濃い私には足りない気がして使っていませんでしたが、『ホットクレンジングゲル』はダブル洗顔の必要がなく、ほとんどが美容成分でできているクレンジング。
『自分の母親の年代(60代)にもおすすめ』との口コミもあり、これならきっと母にも合うと思いました。

 

母に会ったときに、さっそく勧めてみました。
母は最初「ダブル洗顔が本当にいらないの?肌に残っちゃうんじゃないの?」と半信半疑。

 

しかし、手のひらに乗せると「なにこれ!あったかい!」とテンションアップ。
肌につけてクルクルすると「すごく気持ちいいわ」と、しばらく肌全体をマッサージしていました。

 

気になる洗いあがりは、とってもすべすべ!いつものようなカサカサ肌ではありませんでした。
母曰く「化粧はちゃんと落ちてるのに、肌が化粧水いらないくらいしっとりしてる」とのこと。
「こんな商品があるなら早く知りたかった!」とやみつきになっていました。

クレンジングゲルを使った60代の母の肌はたるみが軽減して肌色も明るくなりました

それからしばらくして母に再会したのですが、明らかに肌が変わっていました。
前までたるんでいた肌にハリが出て、心なしか肌色も明るくなったような気がしました。

 

「あのクレンジング使ってるの?」と聞くと、「あれ意外も使ってみたけど、やっぱりあれがよくてずっと使ってる」と。
肌はどう変わったか聞いてみたところ、以前感じていた肌のカサカサは今では全く感じることがなく、いつもしっとりしているそうです。

 

「あれのおかげで肌が変わった」と笑う母の顔は、若かったころの母のようでした。
▼▼おすすめのマナラホットクレンジングゲルはこちら▼▼

関連ページ

60代の母は安くて高品質の「マナラホットクレンジングゲル」
60代の母はマナラホットクレンジングゲルをもう10年以上使っています。安くて高品質な化粧品を追及して辿り着きました。いろいろ使って最終的にやっぱりこのクレンジングクリームに戻ってきます。自信をもってお勧めできる商品のようです。
60代の母はポーラのクレンジングクリームで若返りました
60代の母はスキンケアにこだわりがあり、以前使ったポーラ化粧品が良かったのでクレンジングもポーラです。使い始めて激的に肌が変わってかなり若く見えます。クレンジングを使っただけでこんなにも変わるなんてびっくりです。
60代の母はDHCのクレンジングバーム
60代の母は乾燥肌なので洗浄力が強すぎないDHCのクレンジングバームが合っているようです。 使い始めてから肌がふっくらしていて潤いのある肌になっているようです。
しっかりメイクの60代の母は薬局でも買えるクレンジングクリーム
60代の母は、いつもしっかりメイクなので濃いメイクでも落とせるポンズのクレンジングクリームを使っています。薬局でも買えるしお手頃でエイジング成分も入っているのでお気に入りのようです。
効果はあまり感じられないけど安いので使っているクレンジングクリームはソフティモ
60代はメイクが濃くないのでそこまでクレンジングクリームにこだわっていないようです。娘の私から見ても効果もいまいち感じられません。ただ落とすだけなのでそれで十分なようです。
特にスキンケアにこだわりがない60代の母のクレンジングクリームはポンズ
60代の母は肌が綺麗で何のスキンケアそしているのか聞いたところ、肌の汚れはしっかり取っているそうです。ポンズのクレンジングクリームをプレゼントしてからは気に入ってずっと使ってます。
70代の母のクレンジングクリームは「ドクターシーラボ」
私は、70代の母と二世帯で同居している40代の娘です。クレンジングクリームは娘の私と同じドクターシーラボを一緒に使っています。使い始めて前よりお肌がもっちりして乾燥が減りました。
70代の母のクレンジングクリームはずっと「ファンケル」
昔からあるブランド「ファンケル」。70代のは母はずっとファンケルのクレンジングクリームを使っています。しっとりして肌に合っているのでこれからも使い続けるそうです。