最先端の人幹細胞培養ジェルで60代・70代のお肌を若返らせる!

 

病気やケガを治すための医療の研究は、美容にも応用されています。
特に今研究が盛んなのは再生医療です。

 

再生医療とは簡単に説明すると、病気やケガ、先天的な要因等で機能不全の組織や臓器を、幹細胞などを用いて復元させる医療技術のことです。

 

一般的な美容整形の場合、しわやたるみをリフトアップしたり、ヒアルロン酸などを注入してハリを出すようにしてきました。
再生医療を用いる場合、自分の肌細胞を取り出し、培養、再び注入することで肌を若返らせます。

 

移植した肌細胞は元々自分の肌なので副作用の心配もありませんし、老化スピードを遅らせることができます。

 

画期的な方法ですが、どんな方法であれ美容整形はハードルが高いですよね。
もっと手軽で簡単にアンチエイジングをしたい人が大半だと思います。

 

最先端のテクノロジーをホームケアで取り入れることを可能にしたのが、「J.CELL(ジェイセル)」です。

 

 

 

 

「J.CELL」は洗顔後のお肌に付けるだけでお肌がぴーん!

主要な美容成分として配合されているのは、日本人のヒト幹細胞培養液です。

 

幹細胞ばかりがクローズアップされていますが、幹細胞を培養した時の培養上清液にも肌を整える因子が含有されていることが有名国立大学医学部より発表されました。

 

その中でも、整肌因子が500種以上にものぼる脂肪組織由来幹細胞を抽出した培養液を配合しています。
EGFやFGFといった肌のキメを整え、肌細胞を活性化するように働きかける6種のペプチドが豊富に配合されています。

 

さらに軽井沢産の天然ハーブ、ベースとなる水には皮膚の浸透圧濃度に近い久米島海洋深層水を採用しました。

 

 

60代・70代のこわばった肌にも浸透できるように、美容成分をナノテクノロジーによって微細化しました。
これらの3つを一体化することで、角質層の奥まで浸透し、肌の再生を促し、ハリ感をもたらします。

 

臨床試験の結果、肌の水分量は141%、弾力は121%アップしました。この結果は医学雑誌への掲載が決定しています。

 

J.C ELLは培養液をベストな状態で角質層まで届けるために、ぷるぷるの水溶性のジェルとなっています。

 

最も浸透のしやすい洗顔後のクリーンな肌に一番に使います。

 

使った方の中には、塗った瞬間から毛穴がきゅっとしまるような、ハリを感じたという人もいます。

一度使うとその効果に驚くかも?!

オールインワンなので基本的には1つだけで完了しますが、成分を見たところ美容液寄りのオールインワンなので、60代・70代の方の中には、時間が経つにつれ乾燥が気になってしまう人もいるかもしれません。

 

その場合は、お手持ちの乳液やクリーム、オイルなどでフタをしましょう。

 

内容量30gで通常価格は8800円(税別)です。しかし初回限定、定期購入の場合、1980円(税別)となります。ただし、3ヶ月は継続することが条件となります。なお、2ヶ月目以降も20%オフの7040円(税別)です。定期購入の場合、送料は無料です。

 

芳醇な美容液を使っているようなオールインワン。

 

ただ保湿するだけの時短アイテムだと思っている人の先入観を、良い意味で壊してくれるかもしれません。