60代・70代にはどうしてアイクリームが必要なの?

60代・70代女性にすすめるアイクリームはどうして必要?

 

たくさんクリームがあって、フェイスクリームだけで十分と思いがちだけど、
アイクリームはどうしてあるのか考えたことありますか?

 

目元のクリームなんて本当に意味があるのか?高いし、今あるクリームで十分だわと思いがちですが、アイクリームを使うことには意味があるんです。

 

肌は皮膚の厚さが2ミリなのに対して、目元はそれよりさらに薄い、それにまして
皮脂分泌が少ないので乾燥しやすいのです。

 

ましてやアイシャドウやマスカラなどで、瞼を駆使しています。

 

私も付けまつげを付けるときに糊をつけるのですが、結構しみるし、まつ毛も抜けるし、瞼もカサカサになるんです。

 

そんな酷使されたまぶたをいたわってあげるのがアイクリーム。

 

クレンジングするときも他の部分より摩擦が多いので、大切にケアしてあげないといけません。

 

細かいちりめんしわができやすいので、化粧水を塗ってクリームを塗った後でアイクリームでケアしてあげましょう。

 

目元のしわは一気に老けたように見えるので、念入りなケアが大切です。

 

アイクリームの中でよく目にする成分はレチノール。

 

レチノールはビタミンAの一種で、しわに効果をもたらしてくれるといいます。

 

私もレチノール入りのクリームを愛用しています。

 

ものすごーくしっとりするのに浸透して、ターンオーバーも活性化してくれるので、お肌もつやつやになり、大のお気に入りです。

60代,70代に人気のアイクリームの付け方

60代・70代女性にすすめるアイクリームはどうして必要?
アイクリームは絶対にこすってはいけません。

 

アイクリームを指先に出し、温めてからなじませるとより浸透がよくなります。

 

そしてアイクリームを目の周りにポンポン置いて塗ります。

 

優しくなでるように極力目元に負担をかけないように塗ります。

 

また目元の血行を良くすることは目元を生き生きさせることに繋がります。

 

紫外線対策もしっかり行いましょう。日焼け止めも塗り、ハードなメイクは避けましょう。

 

濃いメイクをする強い成分のクレンジングをしなければいけないので目元を痛めます。

 

それが目元を老けさせる原因にもなるので、マスカラもフィルムタイプのものを選ぶようにしましょう。





関連ページ

シミやシワが気になる60代・70代にはどんなアイクリームが良い?
60代・70代はアイクリームが必須です。シワも気になるけど、シミも気になる。そんな悩みが解消できるアイクリームがあるんです。そんなアイクリームだと使ってみたいですね。
目の下のたるみはどうしてできる?60代にはどんなアイクリームがおすすめ?
目の下のたるみはどうしてできるの?そしてどうやって解消する?60代にはこの目の下のたるみは深刻です。どんなアイクリームがおすすめなのか見ていきましょう。
60代の目の上のたるみの原因は?
60代の目の上のたるみの原因ってなんでしょう?それには日ごろからのケアがとても大切です。でもまだあきらめなくても大丈夫。美容クリニックに行く前に進化した上まぶた専用のアイクリームを試してみては?
60代・70代におすすめのアイクリームの成分はコレ!
60代・70代の目元の悩みってたるみや小ジワだけでなく、クマやシミもですよね。アイクリームでおすすめの成分ってどんな成分なんでしょうか?
プチプラなのに60代にも効果的なアイクリームは?
アイクリームって一般的に高価ですよね。でも大手の「アテニア」なら60代の女性の目元の悩みでもあるたるみや目じりのしわに効果的なアイクリームがあるんです。
60代・70代の顔の印象は目元で決まる?アイクリームは必須!
60代・70代こそアイクリームを使うべき!顔の印象は目元で変わります。目元のハリが出ると、それだけで5歳は若く見えることなんてざらにあります。今からでも遅くない!アイクリームでお手入れしましょう。
ドクターズコスメのアイクリームって60代のしわに効果があるの?
そもそもドクターズコスメって何でしょう? 医師の資格を持った医者が作った化粧品?だから効くの? 監修のコスメでもドクターズコスメって言いますよね。 ドクターズコスメのアイクリームって60代のしわやたるみにはどうなのでしょう?
60代が老けて見える目元の「3大エイジングポイント」って知ってた?
60代の目元が老けて見えるエイジングポイントって大きく分けて3つあるんです。その原因は「ハリ不足」60代はハリが出る成分が入ったアイクリームがおすすめです。
60代・70代の目の下のクマはどうしてできる?
目の下のクマってどうしてできるのでしょうか?特に目が大きい人はできやすいですよね。クマってなかなか厄介ですよね。疲れてそうに見えるし、病人みたいで不幸そうでもある?原因や対策を見ていきましょう。