60代・70代の肌はどのように変化していくのか

 

誰でも60代・70代になれば、頬骨の高い位置やこめかみ付近に、目立つしみの1つや2つはできてしまうものです。
4〜50年前は、今ほど、美白ケアに注目されていなかったため、夏はナチュラルに日焼けをする人も多かったと思います。

 

数十年の積み重ねでメラニンが蓄積すると、大きくしみとなり浮かび上がってきます。
また、肌バリア機能も年々落ちていきますので、ちょっとした刺激でもメラニンが生成されてしまい、全体的にくすんでいきます。

 

メラニン以外にも、キメの乱れ、しわの増加によって、肌はトーンダウンしてしまいます。

60代・70代のできてしまったしみはどうケアする?


顔にしみができると、年齢よりも老けて見られてしまいます。目立つしみがあるだけで、たとえ他の部分が整っていても、美肌という印象からは遠くなります。

 

現在、日本の美白ケアは予防美白といって、しみができないように働きかけるスキンケアが中心です。
紫外線や刺激を受けると肌は防御のためにメラニンを生成するのですが、メラニンを作らせないように働きかけるのが予防美白です。

 

これらの予防美白化粧品を使うことで、肌がくすみにくくなったり、明るく透明感のある肌になることが期待できます。
しかし、一番望むことは、できてしまったしみを目立たなくすることです。

 

そこでできてしまったしみに効果的だとして、美容皮膚科などで使われているのが「ハイドロキノン」です。
肌の漂白剤といわれるほどの強力な成分で、2001年まではクリニックでの処方のみで市販では購入できませんでした。

 

現在でも、市販品は、濃度が低く、効果が穏やかなもののみの取扱いです。
ハイドロキノンには
@メラニン色素を作るメラノサイトという細胞を減らす
Aできてしまったしみを薄くする(還元する)という2つの働きがあります。

 

しかし、効果が期待できる分、炎症を起こしやすい、皮剥けが起こるなどの副作用も起こります。
ですから使用する場合は、パッチテストを行うなどの細心の注意が必要です。

60代・70代におすすなのは、副作用の心配がないフラーレンやビタミンC誘導体

 

ハイドロキノンは敏感な60代・70代の肌には刺激が強すぎるようにも感じます。
そこでおすすめしたいのが、ビタミンC誘導体です。 

 

多くの美白化粧品に使われている成分なので、聞いたことがある人も多いのでなはいでしょうか。 ビタミンC誘導体の優れた点は、できてしまったしみを薄くする還元作用があることです。

 

ハイドロキノンと同じ働きをしてくれます。 しかも抗酸化作用、コラーゲンの生成を促進する作用など、エイジングケアもできます。

 

 活性酸素は紫外線を浴びると大量に発生します。だから抗酸化作用がある成分を使うことで、紫外線による肌の老化も防げます。

 

60代・70代のなりたい肌のために、ビタミンC誘導体はうってつけなのですが、さらに強力な抗酸化作用を持つ成分があります。 それがフラーレンです。

 

 フラーレンは抗酸化作用がビタミンCの172倍もあり、しかも持続力があります。 持続力があるので、美容クリームのような肌の上でとどまり、じっくりと潤してくれるアイテムに入っていると、より効果が期待できます。

 

 また紫外線を浴びたら、肌は乾燥しますので、その点でも保湿力にすぐれた美容クリームは60代・70代の年齢肌に最適です。 さらにフラーレンの嬉しい点は、副作用の心配がほとんどないことです。

 

安全性試験、皮膚浸透性試験などもクリアしており、安全性が高いことが確認されています。
フラーレン配合のおすすめの美容クリームが「ドクターリセラ」

 

美容液としても使えるので今使っている化粧品と一緒に使えます。
透明感や美白、ハリやしわにも効果がある万能クリームです。
ドクターリセラ

60代・70代の美白ケアは時間をかけてじっくりと取り組もう

60代・70代の肌はとてもデリケートです。
即効性のある強力な成分は、結果が分かりやすい反面、副作用の心配があります。
そして肌に合わず、肌荒れを起こしてしまうと、60代・70代の場合、回復するのに何ヶ月もかかってしまいます。

 

個人の意見ですが、私はフラーレンを使った時に感動しました。
翌朝のお肌のハリや毛穴、透明感など毎日鏡を見るのが楽しくなったほどどんどんお肌が変化していったのです。

 

ハイドロキノンを試して合わなかった60代・70代はフラーレンの化粧品がおすすめです。
ドクターリセラはお試しセットから始めれます!