60代の母は、スキンケアをとても大切にしており、絶対に化粧下地は使っています

 

私の年代は30代で、60代前半の母がいます。私も母もスキンケアはとても大切だと思っており、お互いに情報交換をしながら肌が老化しないように気をつけています。親子で−5歳肌を目指そうという話をよくしています。

 

母親の年代は60代なので、絶対に下地クリームなしではメイクは完成しないとよく母が言っています。

 

母が使っている下地クリームを聞くと、ブランド名がビーグレンでヌーディーヴェールという下地クリームを愛用していることがわかりました。

 

60代の母は、ビーグレンの化粧下地を使うと透明感があり綺麗な肌になる

 

なぜビーグレンのヌーディーヴェールを使っているかというと、シャイニングパール効果とストレッチヴェール効果が期待できるからだと言われました。

 

シャイニングパール効果とは、顔に当たる光をコントロールして毛穴の開きやシワなどを目立たなくさせることができることらしいです。

 

くすみが気にならない透明感のある肌を維持することができると聞きました。確かにこれを使ってから母の肌が透明感があり綺麗になったなと感じますし、くすみがあまり気にならなくなりました。

 

ストレッチヴェール効果とは、一日フィットしてメイクがまったく崩れないということです。今まで使ってきた下地クリームに比べると、夕方になってもメイクがしっかりとしていて崩れなくなったと母は喜んでいます。

「ビーグレン」は塗るだけでほうれい線が目立たなくなる化粧下地

私も母から少量わけてもらって使ってみたのですが、すごくよく伸びる柔らかいテクスチャーで、肌にぴったりとくっつきメイクが自然な感じになりました。

 

軽いつけ心地で小さなシミがあっという間に隠れてしまい、明るい肌になったんですよね。これは使い心地がとても良いなと思います。

 

母の顔には小さなシミ、ほうれい線や小じわが目立っておりくすんでいます。メイクをしない時には60代だなと思いますが、この下地クリームを使ってメイクをするとすっぴんが綺麗だろうなぁと錯覚してしまうほど綺麗な肌になるんです。

 

下地クリームを塗るとファンデーションは薄く塗るだけでOKだと母は言っています。厚塗りすることがなくなり、肌に負担がかからずすごく良いみたいです。

 

この下地クリームで一番素晴らしいと思うのは、ほうれい線が薄く見えることだと母は言っています。下地クリームでほうれい線が薄くなるなんて今までなかったみたいです。

 

▼▼ビーグレンおすすめのエイジングケアセットはこちら▼▼