60代・70代におすすめなのはエイジング成分のレチノール


 
シワやたるみに一番効果が期待できる成分として、ますます人気を高めているレチノール。
今やアンチエイジング効果のある美容成分として1番に挙げられます。
レチノールとはビタミンAの一種であり、脂溶性ビタミンで、人体にもともと存在している成分です。

 


ビタミンAの働きは
細胞の損傷を防ぐ
抗酸化作用
抵抗力を強める
などが挙げられます。

 

最近では、レチノールは上皮細胞で発ガン物質の効果を軽減すると言われています。
肌へと具体的にどのように作用するかと言うと、まず、肌のターンオーバーを促進します。
すると、真皮層の働きも活発になるので、真皮層にあるコラーゲンも増えます。
その結果、肌にハリと弾力が期待できるのです。

 

そしてターンオーバーを促進させるということは、古い角質をはがすということです。
これは、ピーリングと同じです。
古い角質がきちんとはがれるから、シミやニキビ跡にも効果が期待できますし、古い角質が溜まることが原因でできる大人ニキビや毛穴汚れも予防できるということです。
ハリが失われ、ターンオーバーが滞っている60代・70代の肌にはぴったりの成分です。

レチノールは即効性が期待できる

 

美容成分はたくさんあるけれど、どうせ美肌になるまでには時間がかかる・・・。

 

そう思っている人も多いと思いますが、レチノールの凄さは即効性にあります。

 

早い人ならば、翌朝から肌のハリを実感できます。

 

美容クリームを使ったら、顔もつるつる、肌もハリが出てきたので、手放せなくなりました。

 

ただし、注意も必要です。
効果が高いものは刺激が強いです。
レチノールもその一つです。

 

まずピーリング作用が強いので、敏感肌などの肌が薄い人には刺激となり、炎症やかぶれを起こすことがあります。

 

また皮脂分泌を抑制する作用から、肌が乾燥しやすくなります。
最後に光毒性があります。光毒性とは紫外線を集めてしまうということです。

 

もともとピーリング効果によって、肌が過敏になっているところに、紫外線を集めるので、シミを起こしやすくなります。また紫外線によって、アンチエイジング効果が弱まる場合もあります。

 

これらのことから、レチノールクリームの使用は夜のみの使用がベターです。
レチノールを初めて使う人、敏感肌の人は、まずは濃度が低いものから試していくようにしましょう。

 

以前、とあるレチノールを高濃度配合していたクリームに、かゆみ、赤み、腫れといった肌トラブルの苦情が多く寄せられ販売中止になったことがあります。

 

個人的な記憶としては、この出来事で、レチノールの副作用がクローズアップされ、下火になったように思います。

レチノールは60代・70代のしみやしわに手放せない成分

 

 

しかし実感力の高さから、エイジングケアにレチノールは無視できない。

 

 

そんな思いからか、今再び、過去の教訓を生かした、保湿効果も高く、他のエイジング成分も配合された美容クリームが数多く出るようになりました。

 

私が使って凄くおすすめなのがアユーラのレチノール入りクリーム「モイストパワライズクリーム」


みなさんアユーラ使ったことありますか?
匂いが最高に良い匂いなんです。

 

もちろんこのクリームもアユーラの匂いで、夜寝る前に塗るとアロマ効果でぐっすり眠れること間違いなし。
 

 

さらに起きらたら顔がパーン!でさらに嬉しい。
クリームなのにすぅーっと馴染むから夏でも使いやすくてこれ手放せなくなりました。

 

一時期、この商品人気が出すぎて通販からも姿を消してました。医薬部外品です。

 

実感力のあるエイジングケアをしたい60代・70代の方には、一度は試してもらいたい成分です。

 

自分の肌に合ったレチノールクリームで、無理なく若々しい肌を目指してみてはいかがでしょうか。
アユーラモイストパワライズクリーム