乾燥肌の60代の母のクレンジングはジェルよりクリーム

30代女性です。母は60代の割に肌も綺麗でいつも歳より10歳以上若く見られます。

 

顔立ちが童顔だということもあると思いますが、それ以上に肌が綺麗だから若く見られるんだと思います。母は、30代の私と同じ化粧品を使っています。

 

母が使っているクレンジングクリームのブランド名はDHCのクレンジングバームです。

 

母親の年代の方でDHCを使っている方も多いと思いますが、数多くの種類の化粧品があり、その中から自分に合った化粧品を選ぶことができるところがいいと言っています

肌に載せるとろっとオイル状になるDHCのクレンジングバーム

 

化粧品の品質に比べて価格がお手頃だということろが気に入っているところだということです。
使い勝手のいいクレンジングクリームを探している時にDHCのクレンジングバームを見つけて注文してみたら肌に合ったということでした。

 

以前は、クレンジングオイルを使っていましたが、それだと肌が乾燥するというか、洗浄力が強すぎる気がするとよく言っていました。

 

私はしっかりお化粧をするのでクレンジングオイルくらいの洗浄力が丁度良かったですが、母は日焼け止めやBBクリームを軽く塗る程度のお化粧なので、そこまでの洗浄力は必要なかったのかもしれません。

 

クレンジングオイルはお化粧を落とす力が強いので、それよりも軽いクレンジングクリームかクレンジングミルクの中から選ぼうと思っているところに、しっとりと柔らかく洗えるのにメーク成分はしっかり落せるクレンジングバームは使いやすいとのことでした。

 

私も借りて使用しましたが、最初はテクスチャーが固めかな?と思っていると、肌に乗せたらさらっとオイル状に変化してとてもなめらかでした。優しくマッサージするように使うと、洗い上がりがもちもちとした肌になり気持ちが良いです。

クレンジングバームは洗浄力が強すぎないので60代の母に丁度良い

母の肌はどう変わったというと、以前は頬などが乾燥して粉がふいたようになっていたのがすっかり治まり、つやつやでしっとりとした肌になっていました。

 

洗った後に顔が乾燥することもないらしいので、洗いすぎることなく丁度いい洗浄力なんだと思います。

 

元々肌が綺麗な人でしたが、以前より肌がワントーン明るくなり、潤いのあるお肌になっているようです。

 

年齢やお化粧をどのくらいするのかで変わってくると思いますが、肌質に合ったクレンジングを選ぶことが大切だと感じています。