70代後半の母のクレンジングクリームは「ファンケル」

私の母親の年代は、70代後半です。わたしは、50代前半です。いまは、母親と一緒には暮らしていません。

 

独り暮らしで、会社で事務の仕事をしています。毎日、パソコンとにらみあって、肩凝りがひどいです。楽しみは、友人と温泉に行くことです。

 

母親の年代は、70代後半です。母親が使っている、クレンジングクリームのブランド名は、ファンケルです。

 

使っているのは、ファンケルのビューティブーケやわ肌クレンジングクリームです。この、クレンジングクリームは主に、60代からの人を対象にしている商品です。

 

 

母親は昔から、ファンケル化粧品を使っています。敏感肌なので、無添加の化粧品にこだわり、いろいろな化粧品を試した中で、ファンケルが自分の肌に一番よくあっているので、長年使っているそうです。

肌がしっとりするファンケルの化粧品を70代の母はずっと使っています

 

母親の肌質は、若い頃から敏感肌で、荒れやすく、トラブル肌だったそうです。年を取るにつれて、乾燥肌が気になり、しわ、しみも目立つようになって、悩んでいました。

 

特に、化粧を落とすときに、クレンジングをするを、カサカサになると言っていました。

 

いつも使っている、ファンケルに、この、クリームタイプのクレンジングクリームがあることを知り、試してみたところ、使用感は、クリームが液状にかわって、のびも良く、しっとりと洗い上げるそうです。
使われている成分は、発芽米発酵液で、保湿をするそうです。

 

メイク、汚れなどを、きちんと落としながら、マッサージもできます。クレンジングもしっかりできで、うるおいも、きちんとキープもするので、気に入っているそうです。洗い上がりは、しっとりとやわらかな感じです。

70代の母はクレンジングしながらマッサージもしています

肌はどう変わったかというと、使い続けていると、肌質が、しっとりしてきて、乾燥が気にならなくなってきたそうです。

 

クレンジングしながら、マッサージもするようになったので、肌色も以前よりよくなり、わたしが見ても、ワントーンは明るくなりました。また、化粧のノリも、良くなったそうです。

 

母親の年齢である、70代後半の肌にしては、ずいぶん若々しいなと、わたしも嫉妬するくらいに変身しました。

 

本人も、大満足です。いまでは、わたしも同じクレンジングクリームを使っています。すごくいいので、気に入っています。