60代・70代女性はジェルよりクリームがおすすめ

60代・70代女性にジェルを使っていたのにクリームに変えた人の理由を聞きました。

 

 

やっぱり油分が入っているのと入ってないのとでは、肌のしっとり感が違うし、私も昔はジェル派でしたが、一度クリームを使うともうジェルには戻れません。
60代・70代女性でジェルからクリームに変えた人の話

 

60代の私がクリームを使っているのは、肌への浸透率や定着率はクリームの方がいいから

 

私にとってジェルは、浸透するというよりも膜ができるという感触です。

 

夜塗って、朝顔を洗うとその膜も洗い流されて肌への変化があまり感じられないのです。

 

また、ジェルは一体どんな成分で製造されているのか一貫性がないし、知名度があるメーカーのジェルが効果があるかと言えばあまり無かったり、或いは、知名度よりもネット等の口コミで広がっている、あまり聞いたことが無いメーカーのジェルの方が効果がありそうだったりして、商品の選択の基準が難しいと感じています。

 

また一回の使用量が結構多いので、減る量も多くて消費率が高いですね。

 

コストパフォーマンスは決してよくないと思います。私の場合ジェル一つで、化粧水→乳液→保湿液→クリームというステップを省いて使用するような使い方ではなくて保湿液代りに使用するので、化粧品代もジェル一つ分だけとはいかず、かえって化粧品代がかかります。

 

クリームの場合は以前からずっと使い続けている商品がありますし、肌が乾燥したりした時は、やはりこのクリームを使うと改善されていきます。

 

商品に対する信頼度は高いです。肌への浸透率や定着率もジェルよりもずっといいと思います。夏場は少しべとつきますので、真夏はジェルのひんやりした感触も悪くないと思いますが、やはり私はクリーム派です。

 

 

70代の私がクリームを使っているのは、50才を過ぎてから肌質が変わり、ジェルでは不十分だと思ったから

60代・70代女性でジェルからクリームに変えた人の話
それまではオールインワンのジェルタイプの化粧品を使っていました。混合肌でとくに鼻の周りが脂っぽくて、それには都合よいように思えて愛用していました。

 

50才を過ぎたころからは脂よりも乾燥が気になるようになりました。中でも頬の一番高い部分とあごの先が乾燥し、頬などは粉を吹いたようになりました。

 

ジェルでは重ね塗りをしてもあまり効果はありませんでした。そこでクリームの化粧品を買ってきて乾燥するところに乗せるようにしました。

 

よく考えたら無駄なことで、それからは普通のローションとクリームを併用することにしました。混合肌なのはかわらないので、これでちょうどいいです。

 

クリームを足すようになったのは友達に言われたからです。旅行先で肌が乾燥して困るといったところ、クリームがあるじゃないの、と言われたのです。

 

今のクリームはちゃんと出来てるから、心配ならさっぱりタイプのものから試したらいいとのことでした。

 

今はもうジェルに戻す気はありません。年齢のせいか脂浮きは少なくなっており、逆にさらに目元など乾燥する場所が増えてきたからです。もっと早くクリームに変えても良かったくらいです。

 

ローションとクリームという使い方なら、朝はローションたっぷり、夜はクリームしっかりと使い分けも簡単で快適です。