60代の私は資生堂のインテグレースのクリームファンデを使ってます

60代・70代女性でクリームファンデを使っている人の話を聞きました。

 

60代の私は資生堂のクリームファンデ

 

私は現在60歳ですが、最近肌の乾燥が気になってきました。

 

すると今まで使用してきた普通のファンデーションだと肌の乾燥がひどくなったので、より肌に潤いを残しながらしっかりシミやくすみをカバーできるクリームファンデに変えることにしました。

 

クリームファンデを使うのは初めてだったので、できるならシミのカバー力がしっかりありつつ乾燥させないものということでインテグレートのクリームファンデがちょうど私の年代向けだということで、これに決めました。

 

 

クリームファンデはやはりシミをしっかりカバーしてくれるので以前使っていたパウダーファンデの数倍、お肌のキメが整ったように見えるのでかなり重宝しています。

 

またクリームタイプにしてからは、以前パウダーファンデでカサつきや粉吹きのような状態になっていたのがすべて解決されて、乾燥肌が他人から見てバレないのがすごく嬉しいです。

 

またしっかりカバーされていても厚化粧に見えないというのも、このクリームファンデの大きなメリットです。

 

年齢を重ねると、やはり肌の乾燥は避けられないトラブルなので、ファンデも年齢に応じてパウダーからクリームファンデへと変えていかなければならないことを初めて今回のことで実感しました。

60代の私は資生堂のBBクリームを使っています

60代の私は資生堂のクリームファンデ
40代ぐらいまでは、普通にパウダーファンデを使ってたんですが、目の周りがヨレた感じになったり、鼻周りの乾燥した感じになることがありました。

 

シミが気になりだした頃には、コンシーラーと併用していたんですけど、今度はコンシーラーの塗りむらのようなものが気になってしまって。

 

リキッドタイプを試してみたんですが、サラサラすぎてどうもうまく肌に乗せることが出来ずに、クリームタイプに落ち着いtという感じです。

 

BBクリームが出始めたのも切っ掛けになったように思います。

 

そろそろ下地からきちんと作らないといけないと思って、年齢にあったものを選ぶようになりました。

 

プリオールのファンデは全部BBとなってますけど、このシリーズのクリームタイプのファンデと聞いています。

 

クリームファンデだと、少しぐらいのシミなら上からの重ねづけでカバーすることができるので、別にコンシーラーを使う必要がないのが助かります。

 

今のところ、パウダーのように塗りむらも出来にくいですし、リキッドのように分離することもありません。

 

ただ伸びの良いものを選ばないと、塗りむらが出るので、新しい商品を買う時は必ず手の甲の上でテクスチャーを確認するようにしています。

 

クリームファンデは、水っぽ過ぎるものも、ぽってりしすぎているものもNGなので、結構自分に合った者を探すのは大変です。