60代・70代は知ってた?BBクリームとCCクリームの違い

 

韓国コスメから人気に火が付いたBBクリーム。
今では、1000円前後のプチプラから外資系ブランドの5000円以上するものまで幅広く発売されています。

 

1本で化粧下地からファンデーション、コンシーラーの役割を果たし、カバー力もあって時短できる手軽さが人気の秘密です。
実際、市場でも年々増加しているジャンルです。

 


さて、BBクリームと同じ時短アイテムにCCクリームというものもあります。

 

BBクリームはBlemish Balmの略で、傷を修復する軟膏という意味があります。
韓国で生まれたように思いがちですが、発祥はドイツの皮膚科クリニックでした。

 

ピーリングの後の真皮がむき出しの状態の肌を保護し、肌の再生を促進することができるファンデーションとして開発されました。
元々は医療用だったのです。

 

敏感な傷のある肌にも使えるという点が韓国で注目され、美容整形やレーザー治療の後に使えるように進化していきました。
BBクリームのカバー力の高さは傷を隠すことが目的にあったからです。

 

 

一方、CCクリームはColor ControlとCare Control、Complete Controlなど諸説あります。
それぞれ訳すと、色補正、スキンケア効果、完全補正です。
なぜ諸説あるかというと、CCクリームはメーカーやブランドが独自に解釈し、開発したものだからです。

 

美容面に重きが置かれ、メイクアップ機能が強いものがCCクリームです。

BBクリームはカバー力、CCクリームはナチュラルな仕上がり


 
BBクリームがこってりとカバー力があるのに対し、CCクリームは、地肌を生かしたナチュラルな仕上がりが特徴です。

 

 

色ではなく、光を取り込むことで、透明感のある仕上がりを目指しています。

 

メーカーによっては、化粧下地のような位置づけをしているものもあり、この場合は、ファンデーションやパウダーが必要です。

 

どちらを選ぶかは仕上がりやテクスチャーの好みによって左右されますが、60代・70代ならばBBクリームの方がおすすめです。

 

CCクリームの場合、カバー力が劣りますので、シミなどを隠そうとして重ね塗りをすると、厚ぼったくなりがちです。

 

それならば、カバー力の高いBBクリームを使う方が断然キレイに仕上がります。

 

またBBクリームの方が、リッチでクリーミーなテクスチャーなので、乾燥しやすい60代・70代の肌もツヤやかに、時間が経っても乾燥崩れしにくいです。
 

 

普通のファンデーションよりも、保湿成分、美容成分が豊富に配合されているので、メイクしながら美容もできる優れものです。

 

1本で完了して、肌をいたわりながら、メイクもできるという最強のベースメイクです。
今まで使ったことがないなら、是非取り入れて欲しいおすすめのアイテムです。

 

使い始めると、ファンデーションには戻れないかも?という程、便利なアイテムです。

 

▼▼▼透明感とカバー力を併せ持ったおすすめのBBクリームはこちら▼▼▼

ベースメイクはこれ一本! BB&CCクリーム