60代の母は目元のたるみが気なりだしたのでアイクリームを使い始めました

 

60年代の母親を持つ20代後半女性です。日中はオフィスで仕事をしています。母親とは同居しており、日頃のお肌のケアなどを近くで見てきました。母親の最近の悩みは加齢による肌の衰えのようで、特に目元のたるみが気になっているようです。

 

若い頃にはハリのあった目元も、歳を取るにしたがって徐々に重力に負け、たるんできたことが気になっているようです。
また、目元のシワも最近気になってきているそうで、化粧でごまかすにも母親の年代では限界があるようです。

 

母親なりにアイマスクをして寝てみたり、目をタオルで温めたり冷やしたり、工夫をしていましたが、際立った変化は見られませんでした。
そこで、母親が取り入れ始めたのが、アイクリーム。

 


様々なブランド名のアイクリームを試していましたが、その中でも特に効果が見られたものが、「オルビスアイケアエッセンス」でした。

娘の私から見ても、アイクリームでこれほど60代の母の顔が変わったことに驚いています


 
塗ると、目元に潤いが出て、すぐにいい効果が得られそうな期待感があったそう。
その上から化粧をして外出していましたが、まったく乾燥が気にならなかったそうです。

 

冬場でも化粧が崩れることもなく、ツヤツヤのまま帰ってきました。
目元の乾燥は、本当に何よりも大敵なようで、これ一本でものすごく若々しく顔が輝き出す感じすらします。

 

娘のわたしから見ても、目元にハリがとても出て、かなり若々しくなったように思います。最近では何も塗っていない時でさえツヤが出てきて、人は目元でこれほどまでに若返るのかと、自分の母親ながら驚きました。
 
母親から嬉しそうに、自分の肌はどう変わったか聞かれますが、本当に綺麗に若々しく変化しているので、わたしもつられてとても嬉しいです。

60代の母の変わった姿を見て、20代の私もアイクリームを使い始めました

母親の年代でこれほどまでに変化がわかりやすく見られるのであれば、20代のうちからわたしもアイクリームに挑戦しておくのがいいと確信しました。

 

我が家では2本目をリピートして使っています。

 

母親は将来の自分を映す鏡だと言われています。自分の未来のためにも、母親にはずっと綺麗にいてほしいと思います。

 

綺麗になることを諦めない、常に向上心を持って美容に取り組んでもらいたいです。母親の年代では若く見られる方なので、今後も周囲の人に自慢の母親でい続けてほしいです。