60代の母は、姑との同居でどんより曇った顔でした

 

母の年代は60代前半です。娘の私は37歳、自営業夫・小学生息子と暮らす兼業主婦です。

 

実家からかなり遠方に嫁いだので、1−2年に一度くらいの頻度でしか帰省できず、必然的に両親の顔を頻繁に見ることもできません。とても元気なのですが、会うたびに年齢を感じます。

 

私が10代くらい(つまり母の30−40代)まで、母親はほとんどメイクをせず、友人知人に押し付けられたらしい、すごく高い基礎化粧品を使っていました。
 
ですが、姑(私の祖母)との同居ストレスなどにより、若々しさの全く感じられないどんよりと曇った顔色をしていました。いつも腫れぼったい感じにむくんだまぶただったのを、よく覚えています。

 

ですが私が進学のために家を出、色々なコスメを試しては「お母さんも試供品どう?」と勧め始めた所、「こういうのもあるのね!」と、基礎化粧品の開拓を始めたようです。

 

折しも祖母が施設に入居し、再開した母の仕事がかなり順調に育っていったのも要因だと思います。

IMY化粧品のアイクリームを使ってから見違えるほどのつやつやの目元に


現在母が愛用しているのはIMY化粧品というブランド名のシリーズで、10年ほど前に私がすすめたものです。(私も利用していますが、ライン利用率は母の方が高いです)

 

ここのブランドが、何年か前に「リフトアイリッチ」という総合アイクリームを発売し、さっそく使った所「すごくいいわー!びっくり!」と興奮して電話してきたくらいです。

 

その次に会う際、母の肌はどう変わったかな?と期待していたのですが、うわこりゃ本当にすごい!というほど見違えるほどのツヤツヤ目元になっていました…!本当に、ハリが出ていたのです。これが、母親の年代が50代半ばの頃の話です。

 

 

母はIMY化粧品を使い続け、40代の頃のたるんだ暗い顔色を知る私にとっては「別人」と思えるほど、健康的に透明感のある肌になっています。

 

 

IMY化粧品は、無添加で敏感肌の方も使えますし、品質がいいのにかなり良心的で購入しやすい・リピートしやすい、というのが大きな特徴です。昔使っていたものは、高いばかりで全く効果がなかったけれど、IMYは安くて効果大で最高、とよく言っています。

60代の今は肌とともに明るくなってくれたので嬉しい

40代・50代前半の頃の母は本当に暗い姿でしたので、60代になった今、肌とともに明るくなっているのは、娘としてはとても嬉しい限りです。

 

小さい頃から、私は父親似と言われ続けてきました。母の姿を「未来の自分」と考えるのは難しかったのですが、30代後半になった今、ぽつぽつと鏡の中の自分に「お母さん」ぽい要素があるのを発見しつつあります。

 

50代後半、母が外見的にも内的にも、明るく変わっていったのは自分にとってもとても嬉しい変化でした。

 

私が母親の年代に到達した際、さほど似てはいなくても、あんな風に人生を楽しんでいるような、そんな明るさを醸し出せる健康的な肌を保てていたらいいな、と思います。

 

私は今の母がより好きですし、これからも明るさを持続してくれたら…と願っています。