60代の母のアイクリームはレチノール配合のオルビスのアイクリーム

 

私は30代後半、母親の年代は60代後半です。60代というだけのことはあり、母親の目元は大分シワが目立ってきているのが悩みのタネなのだそうです。

 

60代の私の母親が使っているのは、アンチエイジングタイプのアイクリームです。
恐らく、母親と同年代の方々の多くは、アンチエイジング効果を謳った化粧品を使っているのではないでしょうか。

 

アンチエイジングの化粧品というと、保湿力を重視しているものが殆どです。
そして、スキンケアのなかでも目元は皮膚が薄く、最も乾燥しやすい場所の一つでもあるため、アンチエイジングタイプのアイクリームといったら、相当こってりとしたテクスチャーのクリームなのではないかと考えてしまう方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、私の母親が使っているアイクリームは、いくら重ね付けしても重さやベタつきを全く感じることがありません。
名前は「オルビス」のアンチサインズエッセンスです。

60代の母は、アイクリームを使い始めて明らかにしわが減ったようでした

 

オルビスのアイクリームを塗った直後でも肌はサラサラとしていて、何も付けていないかのようなので、私も初めは、その程度の保湿力で目元のシワに効果があるとは思えない、と思っていました。

 

しかし、アイクリームを使い始めて1ヵ月程経ってから母親に会いに行ってみると、目じりのシワの数が明らかに減ってきているようなのです。

 

これは、肌の内部には有効成分が十分に浸透していたことを意味します。

 

このアイクリームのアピールポイントでもある、カプセル化されたレチノールのおかげで、有効成分レチノールが壊れることなく、肌の内部に届いていたのです。

オルビスは60代の敏感肌にも最適なアイクリーム

母親はこのアイクリームに出会う前も、長年目元のシワやたるみを改善させたいと、自分に合ったアイクリームを探し続けていました。

 

しかし極度の敏感肌であるため、アンチエイジングに有効な新成分が配合された画期的な化粧品が発売されても、きっと肌荒れするに違いないと、買わずにあきらめる日々を過ごしていました。

 

そのようなときに知ったのが、現在使っているアイクリームだったのです。

 

使うようになったきっかけは、このアイクリームのブランドが敏感肌の方々の間で人気が高く、同ブランドのオールインワン化粧品を使うようになったことでした。

 

オールインワン化粧品を使い、肌表面はサラサラでありながら、肌に弾力が戻ったような質感に感激し、アイクリームにもチャレンジしたのだそうです。

 

同年代の方々にもぜひ試してみて欲しい商品です。