化粧品に一切興味のない60代の母もアイクリームを使うようになりました

 

60代前半の母をもつ30代の娘です。20歳の頃から母と二人で暮らしています。母はパートで保育士をしておりますが、普段は元気で働いていても、やはり50代後半から疲れがよく出るようになったと言っています。

 

母はもともと化粧品にはあまり興味がありませんでした。
使っているものもプチプラだったり、オールインワンのタイプのものが多かったです。

 

娘の私はそれなりに化粧品には興味があるのでいろいろ調べており、安価でもいいのでもう少しエイジングをしたほうがいいんじゃないかと思いすすめたのが、ブランド名「オルビス」のアイクリームアンチサインズエッセンス」です。

15g 5295円

 

母はもともと非常に乾燥肌で、私もそれを受け継いで乾燥するタイプだったのですが、母のほうは化粧品にお金をかけるつもりはなく、はたから見ても乾燥し放題。
 
昔から若く見られるのが自慢の母でしたが、やはりエイジングなど一切しないと、さすがに肌の乾燥により小じわが増えてきているのが目に見えてわかるようになりました。

60代の母に娘の私がアイクリームをプレゼントしています

 

オルビスのアンチサインズエッセンスは、他のブランドのアイクリームと比べると非常に安価ではありますが、それでも今まで全くといっていいほど化粧品に興味のなかった母からすれば、一本6000円近くの出費というのはかなりハードルが高かったようです。

 

というわけで、このアイクリームに関しては日ごろの感謝の意を込めて、私が負担し使ってもらうことに。

 

母は大変喜んだのですが、恐縮して少量ずつ使うので「それでは意味がないよ!」と適量を薦めています。

 

肌はどう変わったかといえば、試用し始めてしばらくは変化はなかったのですが、こちらから見て変化がなくても母は「すごく気持ちいい!笑ってもしわができない」というようになり、継続することで確かに目元のくすみが軽減されて明るくなったように見えますし、潤って若々しい目元が戻ってきたのではないかな、と思っています。
 

 

母親の年代でも若々しくいられるというのはとても素敵なことなので、これからも継続して使ってもらいたいな、と思います。

 

母親の年代は60代前半です。母とは二人で暮らしていますが、いまだに心配をかけることが多いです。
母には多くは望みません。ただ、いつも楽しく若々しくいてくれるのが一番です、前向きに楽しく生活をしてほしいと思います。