テニスをずっと続けている60代の母の美容クリームは「エビータ」

 

 

60代の年代の母親を持つ40歳です。母親は、私が小学生の時からテニススクール(屋外)に通っており、60代の中では色黒なように思います。

 

昔から、日焼け、保湿に特に気を付けており、子供が成人してからは、さらに美容に気を付けるようになりました。

 

美容クリームは、エビータホワイトクリームVを日常使用しています。金額も手頃に購入でき、近所の大型スーパーに美容部員のいるショップがあるため、日常利用できています。

昔からカネボウ一筋の60代の母は、10歳は若く見られます

 

 

肌はどう変わったかは、シワが少なくなり、ハリがでてきているように感じます。

 

毎日屋外でテニスをしているので、シミ予防・加齢シワを保湿する目的でホワイトニングの化粧品を日常使用していますが、気になる部分を補える効果があるように思います。

 

シミについては、消える事はありませんが、肌のトーンがホワイトニング効果で白くなったせいか、日焼けジミが目立たないようになりました。

 

例えて言うと、年配の女優が撮影の際にライトを充てられて肌色を良く見せるようなイメージで、日焼けジミや目元のシワが、明るさで飛んでいる感じです。

 

目元ジワは、近年できたような浅いシワについては消えかかっているけれど、若いころからある笑いシワのような深いシワは残ったままです。

 

ほうれい線についても、くっきり残っています。

 

少し驚いたのは、母はえくぼが両ほほにあるのですが、えくぼのくぼみを囲むようにあったシミには、効果があったようで、そこは、完全にシミが薄くなっています。

 

えくぼの陰影もあり、シミというよりアザのような感じで両ほほにあり、気にしていましたがほとんど目立たなくなっています。

 

ブランド名は、カネボウ化粧品です。母は、昔からカネボウ化粧品のみ使用しており、他メーカーの化粧品を使用すると、赤く湿疹がでるようです。

 

母親の年代は、60代後半ですが、見た目も含め、毎日太陽にあたる生活を25年程度続けている割には、若く見られます。

 

美容部員の方に肌年齢を見てもらうと、いつも10歳程度若く言われます。

60代の母には洋服や美容には気を遣っていてほしい

母親の年代は、60代ですが、いつまでも、健康で美容や衣服に気を遣っていてほしいです。

 

人は見た目が100パーセントではないと思いますが、年齢とともに、容姿は劣化していくので、それを補う努力はし続けていってほしいです。

 

ただ、美魔女のようにはなってほしくないので、適度に気を付けられる母親でいてほしいです。