60代の母が使っている化粧品は「プリオシリーズ」

 

 

私の年代は60代の母を持つ30代半ばです。

 

母は結婚してから40年ずっと専業主婦で私を含め2人の母親であまり美容に関心はなく、私自身は大学を出てから接客業に携わり、海外への渡航も多かったため美容や化粧品には周りには美容に厳しい年上女性が多かったため、おすすめの物を聞いたりして知っている方だと思います。

 

母親の年代は60代後半で昔からドラッグストアなどで手軽に買えるブランドを愛用していて、美容クリームのブランド名は現在資生堂のプリオールシリーズを使っています。

60代の母はスキンケアはするけど化粧はほとんどしないし外資系の化粧品も好きではない

 

 

百貨店などでは口紅を除いて海外製の基礎化粧品を買っているのを見たことがありません。

 

母はくっきりとした二重で顔立ちもはっきりしているので若い時から現在も化粧はかなり薄く、アイシャドウやマスカラなどのアイメイクやチークもしていません。

 

美容に昔からほとんど関心がないので、外出するときにも口紅とファンデーションを付けるくらいで化粧の時間は10分以内です。

 

母は肌は綺麗なのですが、私が物心ついた時から左目の下に大きなシミがあります。肝斑なのかシミなのか病院で調べたこともないのですが左側にしかありません。

 

シミ自体は40代、50代まではどうにかならないかとかなり気になっていたようですが、60を過ぎて今更シミを消すのに通院したり化粧品を試してみたりということもないようです。

 

若ければシミ取りレーザーなど治療も考えるかもしれませんが母は元々自分の美容にはまったくお金をかけないので対処することはありません。

 

アイシャドウを濃くしたりアイラインがずれていたりする年配の女性を見ると逆に老け込んで見えるので、私から見た母は化粧が薄く自然なので年相応だとは感じます。

あまり手を加えることが好きではない60代の母の顔はたるんだままです

母の肌はどう変わったかというとやはり60代になってシミは年とともに目立っているのと目の周りのシワはだいぶ増えていてコンタクトレンズを長年使用しているのでまぶたのたるみもあります。

 

シミもファンデーションでは隠しきれませんし、オールインワンのBBクリームを使用していてカバーするよりも薄付きのものが好きなようです。

 

母は手や頭皮に肌荒れを起こしやすいので、化粧水や美容クリームも美白やシミへの効果や匂いが強いものは使用せず、日本製のものが安心なようです。

 

母は間もなく70代になりますが、今まで通り年相応で自然体の母でいてほしいです。

 

母親の年代の女性は化粧も服装も派手になっていく女性もいますが、化粧気のなさが母らしくて素敵だと思います。

 

化粧は薄いですが笑顔の多い母なのでそのまま歳を重ねてほしいと思います。